【まだ生きていますよ】比嘉みどり園長の顔画像!緑のすず乃保育園の評判がヤバすぎる

3 min

2022年7月30日、沖縄県那覇市の認可外保育園で生後3か月の幼い男児が亡くなる死亡事故が起きました。

緑のすず乃保育園で起きたこの死亡事故。比嘉みどり園長の言動があまりにもおかしいのではないか?と話題になっています。

「まだ生きていますよ」と男児の母親に説明したという…信じ難い、ありえない背景を調査してみました。

緑のすず乃保育園乳児死亡事件概要

沖縄県那覇市の認可外保育園で7月30日、生後3カ月の男児が心肺停止の状態で救急搬送された後、死亡した件で、市は31日、この園が同28日付で廃止されたと発表した。29日に園が市に廃止を届け出た。廃止理由について園は「今後の経営が厳しい」と説明したという。(以下省略)

琉球新報より引用

死亡事故がきっかけで、緑のすず乃保育園は「今後の経営が厳しい」という理由で2022年9月28日付けで閉園しています。

2022年7月30日の事故の経緯をみると…

男児が死亡していた可能性のある時間帯は登園してから2時間経過した頃。

ミルクを飲んで眠った時にうつ伏せ寝をしていた?かも知れず、10分間隔で実施する乳児突然死症候群の予防観察を怠っていた?かも知れず、事実の確認は閉園により、はっきりしていません。

現在調査中だそうです。

比嘉みどり園長の顔画像

慕われていた比嘉みどり園長。

裏の顔があったのでしょうか…

園長の鬼畜の言葉

亡くなった男の子の保護者のコメント(RBCの取材に対し)

「園に息子を迎えに行ったら、息子は目と口が開いていて、舌が固まっていました。素人の私でも亡くなっているとわかる状態の息子を、園長は『横向きにしていたのでちょっと冷たいんですけど』と言いながら渡してきました。園長は救急隊が到着するまでの間も息子の足を触って『ほら、ここあったかいですよ』と、体温があるから大丈夫だという事をしきりにアピールしていました。」

「横向きにしていたのでちょっと冷たいんですけど」

「ほら、ここあったかいですよ」

ごまかそうとしていたのか、母親を安心させようとしていたのか…状況を把握していない言動に絶句です。

そしてこの死亡事故を、那覇市に報告義務があるにも関わらず、これまた報告もしていなかったそうです。隠蔽が疑われるところです。

園長としても、人としてもお粗末な言動に衝撃を受けました。

緑のすず乃保育園の関係者から、後ほどコメント発表がありました。
「体調の変化にもっと早く気づければ助けられたかもしれない。遺族と死亡した乳児に対し申し訳ない気持ちでいっぱい。一生償っていく。」

本当に心からの言葉であることを、信じたいです。

緑のすず乃保育園の評判・ネットの声

ネットでの批判の声が止まりません。

【まだ生きていますよ】比嘉みどり園長の顔画像!緑のすず乃保育園の評判がヤバすぎるまとめ

亡くなった男児は生後3ヶ月で、乳幼児突然死SIDSでお亡くなりになった可能性も高いですが、早期に異変に気がついて、何らかの応急処置を受けていたら、もしかしたら…と残念です。

1時間200円と低価格の預かり保育で運営していたことが、人手不足を生み、目と手が行き届かなくなっていたのだろうか?と推察します。

余裕のない保育園の運営であるかどうかは、外からは分かりませんので、第三者機関などで抜き打ち検査などを実施して頂き、今後はお墨付きの保育園に安心して預けられる仕組みができることを望みます。

⬇⬇関連記事はこちら⬇⬇

【園児バス置き去り】「川崎幼稚園」増田園長の顔画像は?性格がええ加減で評判が悪い?

【衝撃】高橋治之の愛車/ベンツのマイバッハは2000万円!ヤバい高級外車まとめ

【顔画像】高橋治之がホテルで密会した女優「O」は誰?

【家族構成】高橋治之は韓国人?妻(嫁)や子・弟の関係を徹底調査

東谷直人容疑者の顔画像やFacebookは?自宅で母親に自殺を迫る…!

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事