【一覧】国葬に行かない議員は誰?なぜ反対なのか理由もまとめてみた!

2 min

9月27日に実施される安倍晋三元首相の国葬。世論調査ではついに反対が賛成を上回り、激しい逆風にさらされていますが、

国葬に行かない議員は誰なのか?なぜ反対なのか理由をまとめてみました。

安倍元首相の国葬

政府は31日、各府省庁幹部らによる葬儀実行幹事会を首相官邸で開き、9月27日に日本武道館(東京都千代田区)で執り行う故安倍晋三元首相の国葬について、午後2時に開式するなどとした実施概要を決定した。一般献花は同日午前10時から午後4時まで受け付ける。

時事コムより引用

安倍晋三元首相の国葬もいよいよ2022年9月27日、日本武道館で執り行われ、午後2時に開式されます。

未だに賛成と反対の声が様々で一筋縄ではいかない国葬となっています。

どちらの主張も人それぞれ…といった感じです。税金投入や政治の絡みもあって当然ですが。

「国葬に行かない」と公言する議員まで出てきました。

国葬に行かない議員

①辻元清美

社民党の辻元清美さんは早い段階で欠席をツイッター上で公言。ハッキリとした主張ですね。

②蓮舫

立憲民主党の蓮舫さんもハッキリとした主張で欠席と公言。物議を呼んでいました。

③玉城デニー(沖縄県知事)

沖縄県知事の玉木デニーさんは「閣議決定だけで物事が進められ、しかも当初の予算案よりもさらに膨らんでしまった」ことに納得行かないと欠席を表明しました。

④川勝平太(静岡県知事)

静岡県知事の川勝平太さんは「すでに弔意を表しており、改めて参列はしない」と欠席を表明しました。

⑤山本太郎

れいわ新選組の山本太郎代表は「法的根拠がないものをごり押ししようとしている」と述べて、欠席を表明しました。

⑥志位和夫

共産党党首の志位和夫さんは(2022年9月5日、国会内での記者会見で)「党として憲法違反だと言っているので、党として誰も出ない」と欠席を表明しました。

⑦泉健太

立憲民主党の泉健太代表は「本当に悩ましい。安倍氏を悼む気持ちは当然あるし、これまでも内閣葬であれば出席してきた」と出席の余地も残していましたが…

国葬費などの疑問に対し、政府からの誠実な回答を得られなかったことに立腹し、欠席を表明しました。

⑧小池晃(共産党の書記長)

共産党の小池晃書記局長は「国葬が強行されることになれば、私たちは厳しく批判しているわけだから出席はできない」と欠席を表明しました。

【一覧】国葬に行かない議員は誰?なぜ反対なのか理由もまとめてみた!まとめ

国葬に行かない議員さんのそれぞれの事情に納得するところもあったかと思いますが、国葬と政治家の立ち位置なんかもうっすら透けて見えてきましたね。

2022年の9月27日に海外の要人が日本という国で国葬に参列し、何を思われるか?興味惹かれます。

⬇︎⬇︎関連記事はこちら⬇︎⬇︎

【リスト】国葬賛成派の有名人・芸能人一覧!理由や意見をまとめてみた!

スポンサーリンク
カテゴリー:
関連記事